カードローンを金利の安い順番に並べてみました。

カードローンを使用する際の注意点



返済計画

カードローンを使用していくためには、多くのことに注意をしていかなくてはいけません、カードローンというものは、金融機関からお金を借りるという行為であるために、必ず計画通りに返済を行っていかなくてはならないほか、もし返済が滞ってしまった場合には、自身の社会的な信用にも関わる大変な事件になってしまいます。そのためにカードローンをうまく使用していくためには細心の注意を払う必要があります。

カードローンを使用していく上で最も大きな問題となるのが、その金額をいかに返済していくかになります。金融機関からお金を借りた以上その金額を返済しなくてはなりません、しかし自分の生活を考慮した上でカードローンを利用して融資を受けた後の返済が終わるまでの期間は、カードローンの返済額を支払っていく必要が出てきます。その際に自分の生活に必要な金額を上回ってしまう返済額を支払って行くことになってしまうと、当然のことながら、返済を行っていくことが難しくなってしまいます。一見するとカードローンを利用するなら大きな金額を一度に借りてしまったほうが有利であるという考え方をする人もいますが、実際には返済に苦しくならない金額を自分で知っておくことが特に重要になってきます。

特に近年ローンに関する問題が増えてきているためか、インターネット上で自身の収入や借りる金額などの要素を考慮して、返済計画に無理がないかどうかを判断してくれるサイトなども提供されています。そうすることで、より明確な返済プランを立てることができ、カードローンを安全に使用していくことができます。

限度額を考える

現在ではカードローンによってお金を借りるということは、非常に簡単な審査などで行われるようになってきています。それだけ気軽に使用できる制度であるがゆえに、一部のカードローンを使用している人は、クレジットカードのように、自分の口座からお金をおろしているような感覚でカードローンを使用してしまうという傾向にあるとされています。しかしあくまでカードローンというものは、金融機関からお金を借りているというものであるために、そのお金を返済していくことが義務付けられているほか、融資を受けるための審査なども存在しているなど、使用することが難しくなっている面も存在しています。

その他にも、融資を受ける際に受けることになる審査に応じた限度額というものが設定されることになりますが、この限度額に注意をしなくては、カードローンを使用していくことが大変難しいものとなってしまいます。自分の口座からお金を引き出すような感覚でカードローンを使用していると、限度額に達してしまい、カードローンのしようが不可能になってしまいます。

そうなってくると、ほかのカードローンとも契約をしたいと考えるようになってしまい、ほかの契約先を探すような人も出てきます。現在では審査の段階で、債務を持っている人に対して、カードローンを使用させる機会というものは減ってきていますが、カードローンを語った悪徳業者も後をたたず、被害を受ける人も未だに存在しています。 返済計画や限度額など、多くのことに気を使ってこそ、安心してカードローンを使用することができるようになるのです。

悪徳業者

カードローンを利用するためには様々な決まりが設けられています。カードローンを運営している多くの金融機関も、法律によって定められた様々なことを守って、その金融業を営むことになっています。そう言った法律に守られているからこそ、一般の消費者も比較的安心してカードローンを使用することができるようになっています。しかし多くのカードローンの会社の中には、そう言った決まりを一切守らずに、不当な収益を上げている、いわゆる悪徳業者と言われる人たちも存在しています。

悪徳業者とされる金融機関の特徴としては、金利がほかの金融機関と比較しても高いものになってしまっているということにあります。法律では金利は年間20%までというように決められています。しかし悪徳業者の中にはそう言った決まりを守らずに、高額な金利を請求してくると言う金融機関も存在しているために注意が必要です。

また審査が極端に甘いところも悪徳業者の疑いがあります。本来であれば、きちんと返済を行うことのできる人とのみ契約を行うということは、金融機関自体の信用を守ることにもつながるために、とても大事なこととして扱われることになります。にもかかわらず誰とでも契約をしてしまう金融機関というものは、悪徳業者と考えてほぼ間違いはないでしょう。

こした悪徳業者を利用してしまうと、不当な取立てに悩まされることや、本来担保を必要としない融資であるカードローンにもかかわらず、担保として車などを差し押さえされてしまうと言うケースも多数報告されています。自身の身を守るためにも、悪徳業者とは契約しないよう注意が必要です。

クレジットカードの現金化はダメ!

カードローンやクレジットカードがどのようにして利用できるようになっているかということに対して、正しい知識を持っている消費者というものはたいへん限られたものであるとされています。そのために悪徳業者と言われる不正を行う金融機関は様々な方法を持って、消費者に対して不利な契約を持ちかけようとしてきます。その代表的なもののひとつにクレジットカードの現金化というものがあります。

カードローンの現金化には様々な方法が存在すると言われていますが、そのどれもが、結果的に消費者に多くの負担を強いることになる不利な契約であるために、クレジットカードの現金化を勧めてくる金融機関は、ほぼ悪徳業者であると考えて間違いはないでしょう。代表的なクレジットカードの現金化の方法には、キャッシュバック方式と言われるものと、買取方式と言われるものに大別されています。

キャッシュバック方式という方法は、金融機関から安価な商品をクレジットカードを用いて購入した際に、そのうちの一定の割合を現金によってキャッシュバックという形で還元してはもらえるものの、クレジットカード会社からの請求をあとから受けることになるために、結果的に高額な手数料を取られることになるというものです。

買取方式という方法はさらに手の込んだ手段となっています。まずクレジットカードを利用することで、クレジットカードを使用します。その商品を転売するために、同じクレジットカードの現金化を進めてきた業者に転売を依頼することになりますが、その時の買取価格は、商品を購入した時の金額よりも安いものとなります。その上クレジットカード会社からも請求を受けることになります。

このようにクレジットカードの現金化は消費者側が損をする結果になることがほとんどとなるためにくれぐれも注意が必要なものとなります。

※そもそもほとんどの場合、クレジットカード発行会社との契約における規約違反に該当します。

大手から選ぶ

カードローンを展開している金融機関は無数に存在しており、それぞれの個性を見極めることも大変困難なことと考えられています。しかしそれだけ多くの種類の存在しているカードローンであっても、消費者を満足させるだけの安全なサービスを行っている金融機関を見つけ出すポイントというものはいくつか見極めることができるようになっています。そのうちの最も代表的なものとなっているのが、その金融機関自体の知名度ではないでしょうか。

言うまでもなく多くの人に知られた大手の金融機関というものは、それだけ多くの人から信頼され、日常的に使用される機会の多い金融機関であると考えて間違いはないでしょう。そのほかその金融機関がどのような宣伝方式で顧客を集めているかに注目することも大切です。消費者金融の一部には、ポスティングのチラシや看板などで宣伝を行っているところもありますが、そういったところは悪徳業者である可能性が高いものとなっています。さらにその看板などに他社で断られても融資を受けることができるというような趣旨のことが書いてあった場合には、ほぼ悪徳業者と見て間違いはないでしょう。

その他にも、どのような業者によって運営されている金融機関であるかによっても信用のおけるものとそうでないものを判別することができるものとされています。最も信頼の置ける金融機関といえばもちろん銀行ではないでしょうか、大手の銀行が行っているカードローンなどであれば、ほぼ間違いなく顧客の立場での営業を行ってくれるものであり、安心してローンの契約を結ぶことができるでしょう。

金利と手数料

カードローンを安心して使用していくために必要となる要素として、欠かせないものは、なんといっても金利と手数料に関することではないでしょうか、自分が融資を受けた金額をスムーズに返済していくためには、金利や手数料などの金額はできる限り安いものにしていきたいと考えられるものです。そのために事前にどれくらいの金額が、金利や手数料のために必要になるのかを知っておくことがとても重要なものとして扱われています。

近年では改正貸金業法が改正されることによって、より安価な金額に金利と手数料が抑えられることも多くなってきました、改正貸金業法によれば、金利の上限として認められている金額は、借りた金額には寄るものの、最大でも20%いかにとどまるようにという指定がなされています。この20%と言う数値を超えて請求される金利などは違法なものとして扱われることになるために、多くの金融機関において、金利は20%以内に収められることになっています。

金利と同時に顧客側に対して、行うことのできる融資の金額にも上限がつくことになったため、金融機関は融資のためのしっかりと返済の行うことのできる人を選択することが重要であると考えられるようになり、審査が厳しくなる反面、低金利で信用のおける人にのみ融資を行うことになります。それによってその金融機関の信用を守ることと同時に、結果として、多くの人が利用しやすい環境を作り出すことができ、運営する側にも利用者側にも大変なメリットを呼ぶことができるようになるとされています。最終的には自分に利用しやすい条件の金利や手数料の金融機関を選択することが重要になります。



  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加





関連記事


TOPPAGE  TOP