金利が安いローン会社を探そう!

数%の金利差であっても、借りた額によってはかなりの返済差額が出てくることも珍しくはありません。人それぞれ、ローンを利用する目的は異なってきますが、たとえば、車を購入したり住宅を購入する時などは、数百万~数千万円を借り入れることになりますから、金利だけ返済したとしてもかなりの額になってきてしまいます。

借りる額が高額になればなるほど、金利が安いローン会社を選ぶ事が大切です。ローン会社を賢く選んでいかないと、金利だけでも大損をしてしまうと言っても過言ではありません。ですから、最も金利が安いカードローン会社でお金を借りるために、いろいろな手段を使って調べてみる事をお勧めします。

わずか数%だったとしても返済期間が長くなったりしてしまうと、その分金利もかかってきてしまいますので、慎重に選んでいく必要があるでしょう。また、金利が安いローン会社がなぜ、金利が安くすることができるのかも併せてチェックしてみる事をもお勧めします。

また、住宅や車の購入以外にも、カードローンなどを利用される方もたくさんいます。いざという時に大変便利ですし、万が一に備えておくという事はとても大切です。使わなければ金利がかかることはありませんが、使う事が予め予想されている方は、金利が安いローン会社のカードを作成しておくと良いでしょう。

金利を返済していくのも自分になりますから、少しでも安いに越したことはないのです。本来なら借りた額を返せば良いわけですから、金利はなくても良いわけです。それに支払いをするのももったいないですから、金利が安いローン会社を選択することが重要です。


最低金利が低い順のカードローン一覧表 yazirushi-42a-15.gif

ひと目でわかる一覧表になっていて便利でした↑



個人で気軽に利用することのできるローンの形式として、カードローンは大変使用頻度の高いローンとして扱われています。一般的なローンとして知られている住宅ローンや教育ローンなどは使用する目的が、住宅購入のため、もしくは教育費のためなどの使用するための目的がはっきりとしているという特徴があります。そのために自分が使用したい目的によってローンを組むことが事実上不可能であるという考えがなされるものとなっています。

しかしカードローンであれば、使用する目的に関係なく融資を受けることができるために、大変使用される機会の多いローンの形式の一つとされています。カードローンを展開している系列には様々な種類の機関が存在していますが、大きく分けて、銀行系のカードローンか、それ以外の企業の行っているカードローンに大別することができます。

銀行は金融商品を扱う機関の最大手であることは言うまでもなく、ほかの機関が行っているカードローンと比較して、金利が安く利用できるという点や、比較的信用できるカードローンが揃っているという特徴があります。そのために安心して利用できるという点で銀行系カードローン(例えばレイクのスマホ完結など)の方が優れていると言われています。しかし銀行系カードローンは、信用で成り立っている機関でもあるために、本当にその顧客に対して融資を行っていいのかを判断するための、審査がほかの企業が行っているカードローンと比較して厳しく設定されていることが多いと言われています。それぞれに特徴のあるカードローンを自身の目的や状況に応じて使い分けることが必要になります。

その他にもカードローンには様々な返済方法が設けられており、自分の返済プランに応じた返済方法を考えることができるということも特徴の一つとして挙げられています。返済期間に応じて、返済額が安くなっていくものや、常に一定した返済額を保つことによって、長期にわたる計画が立てやすくなっているものなど、実に多くの返済プランが存在しており、こちらも自分に合わせた方法を探っていくことがより良いカードローンの使用方法であるとされています。 計画に合わせてしっかりとした返済プランを立てることが、カードローンの賢い使用方法となります。


カードローンの種類

各カードローンの特徴

カードローンは使用することによって、その金融機関からの融資を個人で受けることのできるものとして、大変重宝されているものです。しかしカードローンと一言で言っても、展開している金融機関には様々なものが存在しており、それぞれに特色を持っていることは、あまり知られてはいないのではないでしょうか。一般的には銀行系の展開しているカードローンと、それ以外の金融機関によって展開されているカードローンによって、大きな違いが見られるようになっています。 まず銀行と言う機関は、数ある金融機関の中でも最も信頼を集めているものであることには間違いありません、そのために銀行系のカードローンを使用する際には、ほかの機関の運営しているカードローンと比較して、比較的低金利で融資を受けることができるという傾向にあります。その一方で多くの人から信頼を集めるために必要となる、顧客への対応も、本当に信用できる相手にしか融資を行わないということにもつながり、審査がほかの金融機関の行うものよりも厳しくなっている傾向にあり、安定した企業に正社員として勤めている人でなくてはローンを利用することができないなどが注意点として挙げられています。

一方銀行系以外の金融機関によって展開されているカードローンというものも存在しています。銀行以外でカードローンを行っている企業には、信販系、IT系、消費者金融系などの種類がありますが、主な特徴は、銀行系とは反対に、金利は比較的高くなるものの審査には通りやすいということにあります。そのため審査を通ることができるのであれば、銀行系のカードローンから契約を検討してみることが、最も効率的にカードローンを利用することができる方法であるとされています。

申し込みの際の注意点

カードローンを展開している金融機関には、様々な種類のものが存在しており、おおまかに分類すると、銀行系、信販系、IT系、消費者金融系などに分類することができます。この中で銀行系と、そのほかの金融機関によって展開されているカードローンでは、審査と金利という面で大きな違いがあるものとなっています。一般的には銀行系のカードローンは、金利が安い代わりに審査が厳しく、反対にそのほかの金融機関によって行われているカードローンは金利が高い代わりに審査を比較的簡単に通過することができるものとされています。そのためにカードローンを使用したいと考えた場合には、銀行系のカードローンから先に契約を依頼し、そこでの審査を通ることができなかった場合に、ほかの金融機関によって行われているカードローンに契約を依頼することが一般的とされています。

しかしこの際に注意すべき点が、カードローンなどの申し込みを行う際に、その審査結果の情報は各社で共有されているという点にあります。つまり最初に銀行系のカードローンの審査を行い、その審査に通ることができなかった場合に、ほかの金融機関のカードローンを利用しようとした場合には、先の銀行系の金融機関の審査に通らなかったということも、情報として審査の対象に加味されるために、カードローンを受ける際に不利に働くことの多いものであると考えられています。 審査が通らないということはそれだけ返済能力のない人と取られてしまうために、カードローンの依頼は3社までにとどめておくと言う考え方が一般的です。

銀行系

カードローンと一言で言っても、その種類は様々なものがあり、それぞれに特色を持っているものとなっています。細かい特色となると、利用する金融機関によって様々なものとなりますが、基本的には運営している金融機関がどのような形式のものであるかによって、傾向が存在するようになっています。カードローンを行っている金融機関の中でも最もよく知られているものが、銀行系のカードローンになります。

言うまでもなく銀行は、お金を取り扱う金融機関の中でも、多くの人からの信用を集めるものとなっています。自身の財産であるお金を取り扱う機関であるが故、できることならなるべく信用のおけるところにカードローンなどでも依頼を行いたいと考える人は大変多いものです。そのために、信用のおける営業を行ってくれるということが、銀行系の最大の特徴と言っていいでしょう。

しかし多くの人から信用を得ている銀行系のカードローンであるがゆえに、その信用を守るためのことも多く行われており、カードローンなどの融資を受けようと考えた際に、そのことが利用する側にとって負担となってしまうことがあります。最も代表的な例としては、カードローンを利用するために行われる審査が銀行系のカードローンの場合には、ほかの金融機関の行っているものよりも厳しくなっている傾向にあります。きちんと返済する能力のある人にのみ融資を行うことで、銀行が多くの人から信頼される機関となり得ているのです。

その代わり、銀行による融資は比較的低金利で受けられるなど、信用を得ていることならではの有利な点も多数存在しています。

信販系

カードローンと同じくカードを使用して商品の購入を行うことのできる制度としてクレジットカードというものがあります。クレジットカードも見方を変えればカード会社からの融資を受けていることになるために。カードローンとクレジットカードを同時に展開しているカード会社というものも多数存在しています。カードローンを行っている金融機関の種類の中で、信販系のカードローンというと、このクレジットカードを展開している金融機関によって行われているカードローンのことを指しています。

カードローンを行うにあたって大事なことと言えば、その金融機関に対してどれだけの信頼を置くことができるかということがあると思われます。普段からクレジットカードという形で金融を行っているカード会社が提供しているカードローンも、銀行が行っているカードローンと同じく大変多くの人から信頼を受けている金融機関の一つであるために、安心して使用できるものであると考えられることの多いものです。しかも、同じく高い信頼性で人気を集めることになっている銀行は、利用する人への審査が大変厳しいことでも知られていますが、信販系のカードローンの場合には、銀行ほど審査が厳しいということは希であり、比較的誰でも気軽に利用することのできるカードローンの一つとして認識されています。

ただし信販系のカードローンというものは、どの機関によって運営されているものかによって、利率などの細かい情報に関する差が大きいということが、しばしば難点として挙げられています。つまり信販系のカードローンを利用する前には、その金融機関に対する情報をしっかりと入手しておくことが必要になります。

IT系(ネットでローン)

ここ十数年で急速に発展した分野として注目を集めているのが、情報技術と言われる分野であり、一般的にITの名称で知られることになっています。このITに携わっている企業も、カードローンを展開している金融機関として機能する面が有り、今では多くのIT企業が、カードローンなどの金融業を行っているものとなっています。このIT企業が行っているカードローンも、従来の銀行やクレジットカード会社の行っているカードローンと同じく、様々な特徴を持っているものとなっています。

ITのようなインターネット技術を用いた企業の最大の利点といえば、人件費がかからないという点にあると考えられています。通常の金融機関であれば、窓口で顧客の対応を行う従業員が必要になるところを、IT技術を用いれば、インターネット上でのやりとりのみで、取引が可能となるために、その分の人件費がかからないものとして扱うことができるようになります。さらにそれが、1店舗だけでなく日本全国の運営している場所で行うことができるために、IT系の企業がほかの企業と比較して、人件費という面で大変すぐれた展開を行っていることがわかります。ほかの金融機関と比較して、人件費がかからないということから、その分費用に余裕を持った経営が可能になっています。そのためIT系のカードローンは比較的金利などが安くなっている傾向にあります。

さらに店舗に出向かずに、インターネットによる申し込みが主流となるために、自宅にいながらにして契約を行うことができるために、店舗に出向く必要がないということも、大きなメリットとして考えられています。

消費者金融系

カードローンを展開している金融機関の中でも、最も多くの人に知られる機会の多いものが消費者金融系が展開しているものではないかと考えられています。それというのも、これらの消費者金融はテレビCMなどを利用することによって、多数の人への宣伝を積極的に行っているからです。消費者金融系のカードローンというものは、多くの人への知名度を上げることの他にも、様々な観点から気軽に使用できることを念頭において作られているものとなっています。

最も代表的な例とされているのが、消費者金融系のカードローンは、ほかのカードローンと比較して、融資を受けるための審査が簡単に通りやすいと言うことです。一般的に審査の厳しいことで知られている銀行などは、正社員として勤めていなくては融資を受けることができないという考え方がなされているものですが。消費者金融系のカードローンには、審査の対象として派遣やアルバイトなどの雇用形態を問わないことはもちろんのこと、一般的に収入のないものと考えられている主婦や学生を対象としたカードローンも展開しているなど、多くの人が使用しやすい環境を整えていることがわかります。 またこれらの審査も非常に短期間で終わることも消費者金融の行っているカードローンの特徴となっており、依頼をしてからすぐに融資を受けることができるものと考えられています。

しかし多くの人が利用しやすい環境を整えられている反面、金利がほかの金融機関と比較して高額なものになる傾向にあるため、より計画的な返済が求められるようになります。



金利が安い・利子/利息が安い おすすめカードローン関連情報 最新記事2件

retenn.red.gif カードローンを金利の安い順番に並べてみました。

retenn.red.gif カードローンの審査

信用情報 カードローンを使用する際に、その人がきちんと融資した金額を返済していくことが可能かどうかを業者側が判断するために、様々な審査を受けることが必要になります。審査によってその人に対して融資を行って大丈夫かどうかを判断されるために、審査...(続きを読む
TOPPAGE  TOP